ニュース詳細

古河ユニック、小型トラック用ユニッククレーン、フルモデルチェンジ

2017年10月5日(木)

〜中型トラック向けに続く“安心”を追求した最新モデルG-FORCE〜

 古河ユニック株式会社(社長:松戸 茂夫)は、すでに販売し好評を得ている中型トラック搭載型クレーン「ユニッククレーン|G-FORCEシリーズ」に続き、小型トラック向けにもフルモデルチェンジし、本日より販売を開始した。

 同社はトラック搭載型クレーンの国内シェア約50%を有しており、昨年11月には需要のもっとも多い中型トラック搭載型クレーンのフルモデルチェンジを実施した。
 フルモデルチェンジしたG-FORCEシリーズでは、“安心”を追求した様々な機能を追加しているが、なかでも評価が高いのが「液晶ラジコンJOY」と「デジタル式荷重計」で、車両から離れた場所でも液晶ラジコンで吊り荷重を確認できる点や、荷重表示が20kg単位と高精度に表示される点が、購入者である経営者や実際に作業するユーザーから好評を得ている。
 さらに、経営者からは、「液晶ラジコンJOY」の吊り荷重の加算機能により過積載を防止できることや、安全装置をパッケージ化した「セイフティ仕様」、走行事故防止のための「ブーム・アウトリガ未格納警報装置」を標準装備したことなど、経営者目線からの安心機能が高く評価をされているという。

 一方、作業者からは、「液晶ラジコンJOY」に搭載されているフック平行移動や対地平行移動などジョイスティックによる連動操作の評価が高い。特に、従来から好評を得ているクレーンの旋回、起伏、伸縮、巻上・巻下操作を2つのレバーでコントロールするジョイスティック式は、コントロールバルブを内製しているからこそ実現できるオンリーワン機能で、操作性のカスタマイズ等さらなる高機能化により作業者の操作性を格段に高めていることが、このような評価につながっていると同社では考えている。

 同社は、フルモデルチェンジした中型トラック向けにおいて、経営者並びに作業者から高い評価を得られていることから、小型トラック向けでも“安心”を追求した機能を備えたフルモデルチェンジを実施することとし、小型・中型トラック向けの「ユニッククレーン|G-FORCEシリーズ」の拡販に注力するとともに、今後は大型トラック向けにもフルモデルチェンジを進めていく考え。

<特長>
1.基本性能の進化 〜“安心”のための機能を全機種標準装備〜
・正確な吊り荷重が確認できる「デジタル式荷重計」を全機種に標準装備。従来の油圧式荷重計ではフックの巻き上げ操作中にしか吊り荷重を確認できなかったが、デジタル式荷重計では常時表示され、誰でも簡単かつ安全に作業できる範囲を把握することができ、過負荷によるクレーンの折損や転倒事故を防ぐことが可能。

・そのほか、フックの巻き過ぎによるワイヤー切断を防止する「巻過自動停止装置」、ブーム等の格納忘れによる走行事故を防止する「ブーム・アウトリガ未格納警報装置」を全機種に標準装備。

2.ラジコンの進化 〜見える“安心”・思い通りに動く“安心”〜
・優れた連動操作性がユーザーの高い支持を受けている「連動ラジコン」「連動ラジコンJOY」をさらに進化させた、「液晶ラジコン」「液晶ラジコンJOY」を新たにラインナップ。従来、上位モデルでのみ表示していた吊り荷重を、全ての液晶ラジコンで標準仕様として表示し、車両から離れた場所でも吊り荷重を液晶モニターで確認しながら、安心してクレーン作業が行える。

・また、作業者の熟練度によるクレーン操作の違いや、吊荷や現場の状況によって求められる操作性が異なることに対応すべく、ユーザーニーズをもとに、今まで以上にクレーンの操作性をカスタマイズできるようにした。
例えば、クレーンの初速特性をこれまでの“標準”に加え、“微速”“高速”から選択できるようにするなど、各種設定の組み合わせで、思い通りの操作設定が可能。これにより、熟練者にも初心者にも使いやすく、吊荷や作業環境にあわせたクレーン操作を安心して行える。

・このほか、過積載による事故防止に役立つ「吊り荷重の積算表示機能」も搭載し、運転手の安全だけでなく、荷主や運送業経営者の安全管理に貢献。

3.安全性能の進化 〜クレーンの状態と限界がわかる“安心”〜
・業界唯一の3年保証付き「過負荷警報装置」及び「転倒防止装置」の従来からある安全仕様に加え、架線などへの接触事故を防止する「高さ制限装置」と吊り上げ性能が大幅に低下する前方領域をフォローする「前方領域検出装置」を備えた、安全装置のフル装備モデル(セイフティ仕様・スマートセイフティ仕様)を新たに設定。クレーンの負荷状況と安定度を常に監視し、過負荷作業と転倒事故を未然に防止する。

・さらに、フル装備モデルの液晶ラジコンには吊り荷重だけでなく、作業半径や定格荷重、負荷率なども表示されるので、クレーンの状態や限界を液晶モニターで確認しながら、安心して作業を行うことができる。また、荷ブレを抑制する「高機能ショックレス(自動減速)機能」も搭載。
※フル装備モデル(セイフティ仕様・スマートセイフティ仕様)はオプション。

4.制御性能の進化 〜高度な制御で“安心”サポート〜
・ブームの伸縮操作に連動してフックが平行移動する「フック平行移動」やフックの高さが変わらない「対地平行移動」に加え、新たにブームの先端が車両に対して前後左右方向の平行移動や垂直移動する「直交動作モード」を搭載(スマートセイフティ仕様のみ)。本来、ブームを動かす油圧制御には、ブームの伸縮、起伏、旋回、フック(ワイヤー)の巻上/巻下があり、平行移動や垂直移動にはこれらを同時に制御しなければならず、熟練の操作技術が必要だった。この連動操作を、液晶ラジコンの高度な制御技術のアシストにより一つの操作で簡単に行うことができ、作業効率を大幅に向上させた。

・さらに、新たな機能として搭載した「記憶動作モード」では、記憶した地点まで半自動移動するショートカット移動や、クレーン操作を記憶して反復動作する軌跡移動を可能としており、作業効率化を実現した。

・このほか、クレーン本体にはクレーンの状態表示だけでなく、不具合時の対処方法等も表示される液晶パネルを搭載しており、万が一の時のトラブルシューティングに役立つ。
※上記制御機能はスマートセイフティ仕様のみの機能。

5.環境性能の進化 〜環境配慮にさらなる“安心”〜
・標準仕様では、ポンプサイズ(容量)をアイドリング時のエンジントルクで回すことのできる最大のサイズまで大型化することで、最高エンジン回転数を最大約11%低減し、トラックのエンジン負担を軽減するとともに低燃料・低排出ガス・低騒音化を実現した。

・さらに、『U−can ECOシリーズ』の「エコポンプ・システム」(エンジン回転数を最大で約38%低減、燃料消費量を最大で約27%削減)を進化させた「スマート・エコシステム」に加え、ウインチには「サイレント・エコウインチ」を、ブームには「エコシリンダ機構」を搭載した、最上位モデル「エコプレミアム仕様」を新たに設定。
 クレーン作業において最も使用頻度が高く、騒音の発生要因ともなっていたウインチに、新開発の「サイレント・エコウインチ」を採用したことにより、ウインチの作動音が最大10dB 低減し、作業者への環境負荷が軽減した。また、作業状況に合わせて、静粛性を優先したエコ重視と作業時間の短縮を優先した速度重視の設定に切り換えることも可能。

詳細は、古河ユニックホームページへ。

広告
  • 1台で2役!アームロール
  • ユニックキャリア ハイグレードモデル「Neoα+」登場!
  • 新型コンクリートポンプ車発売
  • カーゴクレーン「ZEST」&スライドキャリア
  • 車載用カメラ&モニター・Solid Navi
  • セイフティビジョン連携ドライブレコーダー
  • シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器「ACM300」
  • 免許証の確認できていますか?「ID確認システムDL」

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。

広告
  • カード不要&ワンタッチ デジタルタコグラフDGT5:矢崎エナジーシステム
  • 最新ドライブレコーダー:アヴィアス
  • あなたに合ったアルコールチェッカー
  • アイドリングストップクーラーi-cool
  • ビークルアシスト発売
  • 三菱電機製バックアイ&IP無線機
  • BiZiMo(ビジモ)デジタコ・ドラコレ発売

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。