「ハイパースイング・フックロール®」
極東開発工業株式会社

極東開発工業株式会社(本社:兵庫県西宮市甲子園口6 丁目1 番45 号 社長:髙橋 和也 特装車事業、環境事業、パーキング事業)はこのたび、機能を大幅に進化させた新型4トンスイング式脱着ボデー車「ハイパースイング・フックロール®」を開発し、平成27年10月7日より発売を開始した。

新型車は、油圧の高圧化と負荷のかかるアーム部の強度向上により吊上げ能力を従来機比で約13%アップ、油圧機構の刷新により作業スピードを同約10%アップと基本性能を大幅に向上させたほか、現場での作業を強力にサポートする極東独自システムである傾斜センサと電磁比例弁を用いて、最適なエンジン回転数での作業が可能なKOMT ® (※)システムや、コンテナ積み降ろし時のショックを軽減するショックレス機構の採用に加え新たに搭載した充実の標準装備により、さらに安心かつ使いやすくなっている。

また、車体設計及びスイングモーションの最適化により、作業全高の低減および作業全長の短縮化を図ったことで、より様々な現場に対応できるようになった。さらに車体の最適設計により、負荷のかかるアーム部の強度を向上しつつ軽量化も実現し、従来機に比べより多くの積載量を確保することが可能となった。

同社の製品カタログに大きく「強靭な赤」と記載されていることからも分かるように、これまでよりさらにパワフルでスピーディに進化したフックロール。

力強くスムーズな作業が可能になる、機動力と使いやすさを極めた新型脱着ボデー車の誕生である。

※KOMT: Kyokuto Optimal Motion Technology

ハイパースイング・フックロール®

約13%の吊上げ能力アップ油圧の高圧化とアーム強度の向上により、約13%の吊上げ能力アップ(同社従来機比)を実現。従来よりもさらに余裕をもった安心の積込み作業を実現。

また、今回新たに標準装備としたフックチルトにより、フックを前方に約70mmチルトさせることで、吊上げ能力をさらに向上させることが可能。

油圧の高圧化をはじめとした油圧機構の刷新により、約10%の作業スピードアップ(同社従来機比)を実現。さらに、傾斜センサと電磁比例弁を用いた極東独自のKOMT®※システムの採用により、最適なエンジン回転数での作業が可能となり、スムーズで効率的な作業を実現するとともに機器への負荷低減に貢献する。また極東独自のショックレス機構でコンテナ積み降ろし時のショックを軽減。コンテナ本体やコンテナ置き場の地面を傷つけにくくなっている。

また、安全回路設計の採用により作業時の電気関連トラブルや危険動作を防止する。

、約10%の作業スピードアップ

フックチルトを標準装備

車両を移動させずに、フックを約325mm後方にチルトさせてコンテナのリフトバーを引掛けることが可能なフックチルトを標準装備。

ワイヤレスリモコンを標準装備

荷台の状況を確認しながら操作ができるワイヤレスリモコンを標準装備。作業スピードが調節可能なアイドルアップ機能など手元で使用状況に合わせた動作パターンを設定できるため作業効率が向上する。

 

軽量化により、従来機に比べより多くの積載量の確保を実現。積載量の増加により、輸送効率が向上する。

作業時に最適なオイル流量を維持することでエネルギーロスを解消。燃費の向上と排気ガスの低減を実現した。

極東開発工業株式会社 会社紹介

商号
極東開発工業株式会社
代表者
髙橋 和也
設立
1955年(昭和30年)6月1日
資本金
11,899百万円(平成25年3月31日現在)
所在地
本社 〒663-8545 兵庫県西宮市甲子園口6丁目1-45
東京本部 〒140-0002 東京都品川区東品川3丁目15-10
企業HP
http://www.kyokuto.com/