トラック情報サイト「トラックNEXT」

トラックNEXTは、トラックユーザーとトラック関連メーカーをつなぐトラック情報サイトです

ニュース詳細

前の記事 | 次の記事 >

トラックバース管理「LogiPull」が、ドコマップジャパン社のGPSトラック動態管理「DoCoMAP」と連携

2020年8月18日(火)

シーイーシーは、ドコマップジャパン社と協業し、トラックバース管理「LogiPull」と、ドコマップジャパン社のGPSトラック動態管理「DoCoMAP」の連携により、2020年8月18日よりサービス提供開始した。

まずは両社で販売・開発連携を既存顧客向けに展開し、ドコマップ社に出資するNTTドコモ社の営業部隊も巻き込んだ物流展開進めていく予定。

LogiPull × DoCoMAP連携の特長
■到着予定時刻、遅延情報が物流倉庫側でリアルタイムに把握
全国エリアに対応したGPS位置情報をもとに、車両のリアルタイムな現在地情報、目的地の物流施設までの到着予定時間を自動的に算出する。

渋滞・交通事故など計画外の遅延発生時でも、GPS情報と連動した自動更新により正確な到着予定時間を把握でき、遅延の可能性が発生した時点で、物流施設側の端末にアラートが表示される。

【活用例】到着予定時刻から車両受入スケジュールの変更対応を実現
LogiPullで常に最新の到着予想時間を把握できるようになり、ドライバー・物流施設間で到着時間の確認・連絡の手間が減ることで、早朝・深夜時間帯の人員低減につながる。

■位置情報を活用し、受付手続きを完全自動化
従来のスマートフォン対応の受付アプリは、入力のたびに停車する必要があるなど、受付手続きが煩雑化していた。連携サービスでは、物流拠点から一定距離に車両が進入したことをシステム上で検知し、自動的に受付処理を完了できる。

【活用例】:バース予約情報と連携した自動受付を実現
位置情報を活用した自動受付機能により、ドライバー側では一切受付操作をすることなく、物流施設へのスムーズな入場を実現する。

■荷待ち待機の問題を解決:車両呼び出し時にトラックの現在位置を把握
待機中車両の位置をGPS情報から特定し、物流施設までの到着予定時間を考慮して、前倒しで車両呼び出しができる。接車の時間短縮につながり、バース運用を効率化する。

【活用例】物流施設内のトラック待機問題を解消
時間帯によって入場するトラックの増加で施設内に入場できず、道の駅やトラックステーションなどで一時待機が発生する問題を解決する。GPS情報による到着予測時間とLogiPullの車両呼び出し機能を利用し、「着車バース番号指定」「構内待機場」など呼び出したい場所を指定してドライバーに通知し、施設入場・再入場時の車両誘導を効率化した。

■「LogiPull」について
物流センターの荷待ち時間削減・渋滞緩和を支援するシステム。バース予約システム、受付システム、バース実績管理に加えて、今回のクラウド型のGPS動態管理サービスとの連携により、トラックの延着の早期確認、受入業務の省人化につなげる。