ニュース詳細

極東、新型「30kL アルミタンクトレーラ」を発売

2018年10月30日(火)

国内規制最大容量のタンク容積30kL と、ワイドシングルタイヤ仕様でアルミタンクトレーラ国内トップクラスの最大積載量24,500kg を確保!

極東開発工業株式会社(本社:兵庫県西宮市甲子園口6丁目1番45号 社長:高橋 和也 特装車事業、環境事業、パーキング事業)はこのたび、国内規制最大容量となるタンク容積30kLを実現した新型「30kL アルミタンクトレーラ」を開発し、2018年11月5日より発売する。
新機種は、タンクローリのトップメーカーとして大容量長距離輸送のニーズに対応した30kL積タンクを搭載し、ワイドシングルタイヤ仕様(KL30-471SS)ではアルミタンクトレーラで国内トップクラスとなる最大積載量4,500kg を確保した。
また、角形断面タンクの採用で低全高・低重心と連結全長の短縮を実現し、走行安定性を確保するとともに、ディスクブレーキの採用による安全性の向上も図っている。


■新型「30kL アルミタンクトレーラ」の特徴
1.国内規制最大容量のタンク容積30kL
2.ワイドシングルタイヤ仕様で国内トップクラスの最大積載量24,500kgを確保
3.角形断面タンクの採用で低全高・低重心と連結全長を短縮
4.ディスクブレーキ搭載で安全性が向上
5.販売価格 ダブルタイヤ仕様 (KL30-47LS):2,520 万円
        ワイドシングルタイヤ仕様 (KL30-471SS):2,555 万円
        (希望小売価格、消費税抜き、トラクタ別)

広告
  • 圧縮式塵芥車「G-PX」2,3トン車級
  • ユニックキャリア ハイグレードモデル「Neoα+」登場!
  • 新型コンクリートポンプ車発売
  • カーゴクレーン「ZEST」&スライドキャリア
  • 車載用カメラ&モニター・Solid Navi
  • セイフティビジョン連携ドライブレコーダー
  • シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器「ACM300」
  • 免許証の確認できていますか?「ID確認システムDL」
  • 累計12万台突破富士通デジタコ

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。

広告
  • カード不要&ワンタッチ デジタルタコグラフDGT5:矢崎エナジーシステム
  • 最新ドライブレコーダー:アヴィアス
  • あなたに合ったアルコールチェッカー
  • アイドリングストップクーラーi-cool
  • ビークルアシスト発売
  • 三菱電機製バックアイ&IP無線機
  • BiZiMo(ビジモ)デジタコ・ドラコレ発売

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。