ニュース詳細

前の記事 | 次の記事 >

古河ユニック、トラック搭載型クレーンの安全機能強化

2018年10月1日(月)

− 厚生労働省による移動式クレーン構造規格の一部改正に対応 −

古河ユニック株式会社(社長:中戸川 稔)は、トラック搭載型クレーン「ユニッククレーン G-FORCEシリーズ」の安全機能を強化し、厚生労働省による移動式クレーン構造規格の一部改正に対応した安全強化モデルとして、本日より販売を開始した。

■安全機能強化
移動式クレーンの構造規格の一部改正は、本年2月26日に厚生労働省告示第33号「クレーン又は移動式クレーンの過負荷防止装置構造規格等の一部を改正する告示」によるもので、つり上げ荷重3トン未満の移動式クレーンにおいて、荷重計以外の過負荷を防止するための装置が義務付けられた。現在は、経過措置期間で従来モデルの販売が認められているが、2019年3月1日以降は、当改正後の規格に準拠した製品のみの製造となる。
これを受け、同社では、対象となるトラック搭載型クレーン「ユニッククレーン G-FORCEシリーズ」に、本規格改正に対応した安全強化モデルとして、定格荷重指示装置※1を備えた「ML警報型」と定格荷重制限装置※2を備えた「ML停止型」をラインナップし、新たに販売を開始することとした。また、ML停止型には高度な油圧制御技術を活かし、複雑な連動操作を半自動運転する機能をプラスした高機能モデル「高機能・ML停止型」の設定も追加した。

※1
定格荷重指示装置:定格荷重を超えるおそれがある場合に、当該荷の荷重が定格荷重を超える前に警音を発する機能を有する装置。
※2
定格荷重制限装置:定格荷重を超えた場合に、直ちに当該移動式クレーンの作動を自動的に停止する機能を有する装置。


■基本機能グレードアップ
さらに、2016年11月以降のフルモデルチェンジ時と比べ基本機能もグレードアップした。
クレーンの格納作業を効率化する「全自動格納」や、ブームの架線等への接触事故を防止する「高さ制限装置」を標準装備。
塗装品質についても、下塗りに防錆力の高いカチオン電着塗装の採用に加え、中塗り工程を追加した2層コートにより、外観品質と防錆性を向上。
ラジコンでのつり荷重の表示が好評の新型「液晶ラジコン」「液晶ラジコンJOY」は、つり荷重だけでなく、定格荷重や負荷率などのクレーンの状態表示にも対応。さらに過積載の防止に役立つ「つり荷重の加算表示機能」には、フルモデルチェンジ機発売以降に要望のあった、車両の最大積載量超過をお知らせする「過積載時警報機能」を今回追加。

なお、環境性能においては、好評の「エコ(Wポンプ)仕様」、「エコプレミアム仕様」を引き続き設定し、トラックのエンジンの負荷を軽減するとともに低燃料・低排出ガス・低騒音化を実現する。
同社は、ユニッククレーンによる労働災害「0(ゼロ)」を実現すべく、安全機能の強化と共に更なる進化を遂げた、新たな「ユニッククレーン G-FORCEシリーズ」の拡販をしていく。


<本規格改正による新装置>
定格荷重指示装置を搭載した『ML警報型』、又は定格荷重制限装置を搭載した『ML停止型』『高機能・ML停止型』のいずれかを選択することになる。

■ML警報型
空車時定格荷重を超えるおそれがある場合に、2段階の警報で知らせるモデル。
アウトリガの張出幅や作業領域によって変わる定格荷重にも対応しており、やむを得ずどちらか一方のアウトリガを最大に張り出せない現場でも、最大で張り出している側での作業は、最大張出の性能で作業できる。

■ML停止型
クレーンの負荷状況と安定度をダブルで監視することで、作業性と安全性を両立したモデル。
安全を確保しながら、その時の条件において発揮できる最大の性能で作業することができる、先進の安全仕様。厚生労働省が推奨する日本クレーン協会規格 JCAS2209−2018に準拠しており、さらに業界唯一の3年保証付き。

■高機能・ML停止型
ML停止型に高度な制御技術を活かし、複雑な連動操作を半自動運転する機能をプラスした高機能モデル。

<その他のグレードアップ機能>
1. クレーンの格納操作がスイッチひとつ「全自動格納」
フック格納の煩わしさを解消したユニフックが、ブームの縮み、伏せの連動に加え、旋回にも連動。旋回方向(前方・後方)も自動で判別し、スイッチひとつで走行姿勢※になるので、作業の効率化だけでなく、格納忘れの防止にも役立つ。
※アウトリガの格納はオプション

2. ブームの高さを規制する「高さ制限装置」
ブームが制限高さに近づくにつれ、クレーンの起き・伸長速度を自動で減速。さらに制限高さに接近すると予告警報で注意を促し、制限高さに達すると自動で停止するので、ブームの高さに注意が必要な現場でも安心して作業できる。

3. 荷ブレを未然に防ぐ「自動減速機能(高機能ショックレス)」
ブームの長さや角度、作業半径などのクレーンの作業姿勢に応じてクレーンの作動速度を自動で減速。荷ブレによるオーバーロードや接触事故を防止する。

4. 過積載防止に役立つ「つり荷重の加算表示機能」がパワーアップ
車両の最大積載量をオーバーしたときに注意喚起する「過積載時警報機能」を搭載。また、加算値の減算(引き算)にも対応。
※「液晶ラジコン」「液晶ラジコンJOY」選択時のみ

5. 2層コートによる塗装品質アップ
防錆力の高いカチオン電着塗装(下塗り)に加え、中塗り塗装を追加した2層コートにより塗装品質が大幅に向上した。

広告
  • 圧縮式塵芥車「G-PX」2,3トン車級
  • ユニックキャリア ハイグレードモデル「Neoα+」登場!
  • 新型コンクリートポンプ車発売
  • カーゴクレーン「ZEST」&スライドキャリア
  • 車載用カメラ&モニター・Solid Navi
  • セイフティビジョン連携ドライブレコーダー
  • シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器「ACM300」
  • 免許証の確認できていますか?「ID確認システムDL」
  • 累計12万台突破富士通デジタコ

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。

広告
  • カード不要&ワンタッチ デジタルタコグラフDGT5:矢崎エナジーシステム
  • 最新ドライブレコーダー:アヴィアス
  • あなたに合ったアルコールチェッカー
  • アイドリングストップクーラーi-cool
  • ビークルアシスト発売
  • 三菱電機製バックアイ&IP無線機
  • BiZiMo(ビジモ)デジタコ・ドラコレ発売

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。