ニュース詳細

いすゞ、大型トラック「ギガ トラクタ」を改良して発売

2018年7月13日(金)

-平成28年排出ガス規制と平成27年度燃費基準への対応-

いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則)は、大型トラック「ギガ トラクタ」を改良し、6月22日より全国一斉に発売した。

今回の改良では、本年9月より施行される平成28年排出ガス規制に対応しつつ、省燃費性能を実現。また車型ラインアップをさらに充実させ、運行中の利便性も向上した。

 主な特長は以下の通り。

【排出ガス規制への対応と燃費を両立】
・エンジンについて冷却系を中心に性能を向上させることにより、平成28年排出ガス規制への対応と主力馬力帯でそれぞれ平成27年度燃費基準+5%達成した※。さらに、スム―サーGxについては地図情報を活用したオートクルーズ機能「Smartグライド+g」を新たに採用。道路状況から最適なギヤ段を自動選択し、さらなる省燃費に貢献する。
※車両総重量20トン以下にて、460PS車はecostop付、420PS車はスムーサーGx車(ecostop付)が平成27年度燃費基準+5%達成の条件。400PS車は全車で平成27年度燃費基準+5%を達成している。

【車型ラインアップの充実】
・スムーサーGx専用に、クラス最大のトルク値となる420PS/トルク230kg・mエンジンを新たに展開。低回転域で最大トルクに到達し、460PS同等のトルクカーブを有することで高GCWニーズにも対応した性能を実現。
・積載重量と容積を最大限にした新規格トレーラ(トレーラ前回り2m級)に対応するため、4×2エアサスセミトラクタ(EXD)にホイールベースG(3830mm)の第5輪荷重11.5トン車を新規設定した。
・第5輪荷重11.5トン車には、カプラオフセットの変更が可能なスライドカプラを展開。これにより1台のトラクタでキングピン荷重や前回り/すそ回り半径が違う複数のトレーラに対応が可能となる。

【運行中の利便性向上】
・ETC2.0を全車に標準設定し、運行中の利便性向上に貢献。また、ヘッドランプおよび室内灯のLED化とメーター照明の常時点灯化を実施することにより視認性が向上している。

広告
  • 1台で2役!アームロール
  • ユニックキャリア ハイグレードモデル「Neoα+」登場!
  • 新型コンクリートポンプ車発売
  • カーゴクレーン「ZEST」&スライドキャリア
  • 車載用カメラ&モニター・Solid Navi
  • セイフティビジョン連携ドライブレコーダー
  • シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器「ACM300」
  • 免許証の確認できていますか?「ID確認システムDL」
  • 免許証の確認できていますか?「ID確認システムDL」
  • 累計12万台突破富士通デジタコ

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。

広告
  • カード不要&ワンタッチ デジタルタコグラフDGT5:矢崎エナジーシステム
  • 最新ドライブレコーダー:アヴィアス
  • あなたに合ったアルコールチェッカー
  • アイドリングストップクーラーi-cool
  • ビークルアシスト発売
  • 三菱電機製バックアイ&IP無線機
  • BiZiMo(ビジモ)デジタコ・ドラコレ発売

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。