ニュース詳細

パイオニア ビークルアシスト対応端末にスマホ/タブレットを追加

2018年4月10日(火)

〜専用アプリで巡回業務効率化や行動管理に活用〜

 パイオニア株式会社(本社:東京都文京区 社長:小谷進)は、同社が提供しているクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」をスマートフォン/タブレットで利用が可能になるアプリケーション「コース業務管理」の提供を2018年5月下旬頃より開始する。
 ユーザーの保有端末を活用できるため、コストを抑えながら運行管理サービスを導入できるほか、携帯端末の特長を活かし、庸車やレンタカーなどを使った業務の管理が可能になり、自転車など車載端末を設置することができない移動手段にも対応できる。なお、ビークルアシストの利用は有料だが、このアプリケーションは無料で提供される。


 ●「コース業務管理」の主な特長

(1)スマートフォン/タブレットをビークルアシストの対応端末として利用可能
 車載端末に加えて、スマートフォン/タブレットを対応端末として組み合わせることができる。自社車両ではない庸車・レンタカーや自転車・徒歩での業務管理をスマートフォン等で、自社車両の管理は車載端末で行うなど異なる端末を一元管理できる。

(2)巡回業務効率化や行動管理が可能
 管理者は訪問先を選択し、パソコン上の「最適化する」ボタンを押すだけで、移動時間の少ない効率的なコースの作成が可能。これをアプリがインストールされたスマートフォンに送信することで、業務担当者は、最適な順番にリスト化された訪問先をその順番に訪問できる。法人向けナビアプリ「MapFan」(有料)をイントスールすれば、車両・徒歩・自転車ルートの探索、大型車規制を考慮したルート探索が可能になる。
 また、日報の自動作成やスマートフォンから送信したコメントや写真も反映可能で、この他にもビークルアシストの機能を利用することで巡回業務の効率化や行動管理ができる。

(3)ユーザーのサービスと手軽に連携可能
・ビークルアシスト対応端末と連携する仕組みや機能をAPIで提供。「対応端末に訪問先を送る」「走行ログを取得する」「日報データを取得する」など必要な機能を取り込み、実行できる。
・スマートフォン用アプリケーションを、手軽にビークルアシストに対応させられるSDKを提供。

■ビークルアシストの紹介記事はこちら

広告
  • 圧縮式塵芥車「G-PX」2,3トン車級
  • ユニックキャリア ハイグレードモデル「Neoα+」登場!
  • 新型コンクリートポンプ車発売
  • カーゴクレーン「ZEST」&スライドキャリア
  • 車載用カメラ&モニター・Solid Navi
  • セイフティビジョン連携ドライブレコーダー
  • シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器「ACM300」
  • 免許証の確認できていますか?「ID確認システムDL」
  • 累計12万台突破富士通デジタコ

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。

広告
  • カード不要&ワンタッチ デジタルタコグラフDGT5:矢崎エナジーシステム
  • 最新ドライブレコーダー:アヴィアス
  • あなたに合ったアルコールチェッカー
  • アイドリングストップクーラーi-cool
  • ビークルアシスト発売
  • 三菱電機製バックアイ&IP無線機
  • BiZiMo(ビジモ)デジタコ・ドラコレ発売

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。