トラック情報サイト「トラックNEXT」

トラックNEXTは、トラックユーザーとトラック関連メーカーをつなぐトラック情報サイトです

パイオニアから業務用ナビ活用クラウドサービス「ビークルアシスト」登場

物流における「人手不足」「事故削減」をサポート

ビークルアシスト
運行業務を“管理”するとともに、カーナビを使い訪問先を
指示するなど運行業務を“支援”するサービスです。

ビークルアシストとは

市販や業務用カーナビを製造・販売するパイオニア株式会社が、自社の自動車向けクラウド基盤を活用し、カーナビやドライブレコーダーを車載端末として使用するクラウド型運行管理サービスです。対応機能の異なる複数の標準パッケージサービスと連携API(アプリケーションプログラミングインターフェース)※から成り、さらには車載端末も複数のラインアップを有しており、用途にあわせてハードとサービスを組み合わせて最適なソリューションを提供することができます。また大掛かりなシステム構築を必要としないので、低コストでの導入が可能な点も大きな特長のひとつです。

※API:例えば、システムのカスタマイズ手間を省くため、欲しい情報を簡単に取り出せるようになっている仕組み。

主な機能

  • 勤怠管理
  • メッセージ
  • 地点管理
  • 登録コース
  • 軌跡管理
  • 日報
  • 集計レポート
  • デジタコ連携
  • 車両予約
  • 危険挙動メール

※サービスパッケージによって対応する機能内容が異なります。

巡回業務効率化に効く

巡回業務の効率化から

人手不足の課題解決をサポート!

「巡回業務効率化」を図る2つのポイント

【(管理者)コース作成機能】簡単な操作で誰でも自動的に最適コースを作成!!

ワンタッチで即時に最適な巡回/配送コースを作成

日々の訪問先を任意の訪問順で選択し、パソコン画面上の「最適化する」ボタンを押すだけで、即時に移動時間の少ない効率的な訪問順に並べ替えます。また訪問先の滞在時間や到着指定時刻を考慮して訪問順を並び替えることも可能です。高額なコース作成ソフトを導入することなく、誰でも短時間で効率的なコース作成が可能です。

※1コースあたり最大60地点まで登録できます。※訪問先はCSVで一括登録できます。※スマートフォン/タブレットの場合、公共交通機関を利用する訪問順最適化はできません。

最適化する前の訪問順/最適化後の訪問順

※画像はイメージです

巡回/配送コースは対応端末に指示

作成したコースの地点を対応カーナビに送信し、訪問先を指示することが可能です。

※1端末あたり50コースまで送信できます。

巡回/配送コースはカーナビに指示
【(ドライバー)経験の浅いドライバーに運行を任せても安心!

訪問先への誘導はカーナビにお任せ

本格カーナビを使用するため、所要時間の短い効率の良いルートで訪問先にたどりつけるので、ドライバーは安心して運転に集中できます。「運行前に入念に訪問先の場所や走行ルートを確認する」、「訪問先にたどりつけず、場所を電話で確かめ直す」といった非効率も改善します。

訪問先への誘導はカーナビにお任せ

▲B.PROカーナビ表示例

※スマートフォン/タブレットの場合、「MapFan(法人向け)」アプリと連携しルート誘導を行います。カーナビとは、機能・性能が異なります。

大型車の重要な規制場所を回避

大型車の運行に重大な影響を与えかねない場所を回避して、訪問地へ誘導します。大型車等が進入した場合に重大な危機につながりかねない、トンネル、橋、高架下、アンダーパス、踏切における各種規制データを整備。車種や車両寸法、危険物積載の有無に合わせ規制を回避したルートを探索します。

大型車の重要な規制場所を回避

対象道路
東京都/大阪市/名古屋市はすべての道路、全国のその他の地域は国道および県道。

※スマートフォン/タブレットの場合、「MapFan(法人向け)」アプリと連携しルート誘導を行います。カーナビとは、機能・性能が異なります。

訪問先ごとの連絡事項を画面で確認

訪問先ごとの注意事項や業務上必要な情報など、管理者が入力した連絡事項を表示できます。緊急時の代替ドライバーが業務条件を間違えるなど、顧客クレームにつながりかねない事態が抑止できます。

訪問先ごとの連絡事項を画面で確認

▲B.PROカーナビ表示例

安全運転をサポート

危険挙動時の警告案内やヒヤリハット地点の案内など安全運転をサポートする機能も搭載しています。

危険運転を音声で警告

※スマートフォン/タブレットの場合、案内を行いません。

対応端末
事故削減に効く

シンプルな運用だから効果が持続

事故削減の課題解決をサポート!

「事故削減」のための2つのルール

【ルール1】危険挙動の警告・アラームが出ない運転をするよう声がけ
急減速を検知しました。安全運転を心がけましょう。

カーナビなどの車載端末が急ブレーキや急加速、速度超過などを検知するとドライバーにその場で注意を喚起します。

カーナビ
「危険運転警告」例
「急加速を検知しました。安全運転を心がけましょう。」
「急ハンドルを検知しました。安全運転を心がけましょう。」
「速度超過を検知しました。安全運転を心がけましょう。」
「アイドリングを検知しました。」
【ルール2】危険挙動通知のメールが届いたら、その日のうちにドライバーに声がけ

車載端末が危険挙動を検知すると、管理者に危険挙動が発生した日時や車両名、内容などの通知メールを自動的に送信します。

守るルールはたったこれだけ。日常的な声がけでドライバーの意識が変わります

対応端末

事故削減だけに特化するならコチラもオススメ!

通信ドライブレコーダー全日本トラック協会運行管理連携型準拠

安全運転意識の向上はもちろん、危険運転を未然に防止。シンプルな運用で事故を削減!

さらに!ビークルアシストなら手間のかかる日報も自動作成

帰社後は、ワンクリックで日報作成が終了!

運用のこ提案

サービスラインアップ

ビークルアシストビュー

配送車や巡回車などリアルタイムでの位置把握をお考えのお客様に特におすすめ。
管理と支援を兼ね備えたリアルタイム動態管理パッケージ。

ビークルアシストログ

営業車などで安全・エコ運転管理をお考えのお客様に特におすすめ。
安全運転指導・自動日報パッケージ。

APIサービス

自社で顧客管理や配車計画、労務管理などのサービスを運営/管理している法人様向けに、
カーナビをはじめとしたビークルアシスト対応端末と連携する仕組みや機能を提供し、
業務の指示や進捗・実績の管理を、正確かつ効率的に行える、「車両運行業務の統合管理サービス」へと強化するサービスです。

Web API連携

ご要望に応じてご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

ビークルアシストの「カタログ請求」「見積もり依頼」はこちらから

  

パイオニア販売株式会社

商号
パイオニア販売株式会社 Pioneer Sales & Marketing Corporation
http://pioneer-carsolution.jp
本社
〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコート
設立年月日
平成21年10月1日
資本金
100,000千円
代表取締役
蒲生 宣親
事業内容
●国内カー市販商品(カーナビ、カーオーディオ)のマーケティングおよび販売
●業務用(企業様向け)車両運行管理などのソリューションシステムの企画および販売