トラックNEXTは、トラックユーザーとトラック関連メーカーをつなぐトラック情報サイトです

ホーム>特集>日本フルハーフ 「トレーラ位置管理システム」をリリース
 

 

日本フルハーフ株式会社(本社:神奈川県厚木市、社長:田中俊和)は、IoT技術を活用した新たなサービス『FRUEHAUF CONNECT』の販売を2021年7月26日より開始した。
同サービスは昨今、物流業界で抱えている「ドライバー不足」や「働き方改革」といった社会課題に対し、センシングやコネクテッド技術を活用することでIoTを実現し課題解決に貢献するサービスを提供する。

今回は第一弾としてトレーラの位置情報を取得し、インターネット回線を通じてパソコンやスマートフォン上でリアルタイムにデータの閲覧及びダウンロードが可能となる「トレーラ位置管理システム」をリリースした。
 
これまではトレーラ単体(駆動装置を保有しない車両)ではGPSセンサーや通信ユニット用に安定した電源を確保するのが難しく、GPS情報による位置情報管理が困難だった。このたび走行時に充電可能な小型バッテリーを開発し富士通フロンテック社製の低消費電力型GPS端末を採用することで、トレーラ単体の状態でも駐車時の位置が取得できるシステムとし、さらに走行履歴と組み合わせることで稼働率の把握もできる。またスマートフォン専用アプリによりリアルタイムでトレーラ単体の位置が確認でき、港湾や物流ターミナル等の多くの車両が停留されている場面においてもドライバーが容易に目的のトレーラを探し出すことが可能となった。

ヘッドではなく、トレーラ(台車)の位置検索ができる

 特徴① 

トレーラを置いてある場所が分かる

リアルタイム位置情報

最後に位置情報を取得した場所を表示

LTE(3G・4G・5G)回線を使用して、パソコン・スマホでトレーラの位置を閲覧することができる。

 特徴② 

トレーラの移動履歴がわかる

移動トレース表示

最指定した期間の移動履歴を表示

 
移動したルートを地図上に表示。Googleマップだから移動距離も表示することも距離と時間から平均速度を算出することができる。

 特徴③ 

車両管理機能

トレーラの各種情報を入力することで、定期点検や車検時期の管理が可能。またこれらの情報を基に、メールでお知らせを送信することもできる。 

 その他の特徴 

車検証QRコード読み込み

車検証のQRコードをスマホで読み込むことで本システムの車両管理機能の項目に反映させることができる。

稼働情報のお知らせ

車両の稼働状況を集計し、毎月二回、定時メールにてお伝え。

長期停車アラーム

指定した日数を超えて同じ場所に停車しているトレーラを長期停車車両としてお知らせ

定期点検/車検時期お知らせ

車両管理機能に入力したデータを基に、指定した日数前に点検や車検の期日をお知らせ

バッテリ要充電のお知らせ

車両の運用状況によりデータ取得間隔の変更が可能。また、電源調整器のバッテリ電圧が低下した場合に、スモールランプONのお願いをアラートとしてお伝え

速度超過アラート

90km/h以上で走行した可能性のある車両を毎週定時に通知

 

―― ポイント1 ーー

【スモールランプOFF時】

● 1日10時間走行を行い、約14日間可動
● 完全無走行状態で、約25日間可動

―― ポイント2 ーー

【充電時間】

● バッテリ容量0からフル充電までの所要時間は、約6時間


日本フルハーフ株式会社 会社紹介

商号

日本フルハーフ株式会社

NIPPON FRUEHAUF COMPANY,LTD. https://www.fruehauf.co.jpLinkIcon

設立

1963年10月19日

資本金     

10億250万円

所在地

厚木本社工場 〒243‐0281 神奈川県厚木市上依知上ノ原3034

東京オフィス 〒105‐8681 東京都港区新橋一丁目1番13号 アーバンネット内幸町ビル

品川オフィス 〒108‐0075 東京都港区港南1-6-34 品川イーストビル7F