グローバルデータ通信とファームウェアテクノロジーの融合により新時代のリアルタイムマネジメントを実現!!

業界初!リアルタイムGPS車両運行管理システム「TMS-1(Transit Monitoring System)」

運送業をはじめ、ルート営業や配送、出張メンテナンス等の外勤業務で活躍中の本システム。 高騰している燃料費の大幅削減、安全運転強化、お客様へのサービス向上といった経営革新が図れます。 さらに、内勤業務に比べ困難と言われていた外勤業務の生産向上が実現され、新時代の経営革新に大きく貢献いたします。

導入するとココが変わる!

リアルタイムマネジメントによるドライバーの総合評価機能でドライバーの意識が変わる!

燃費向上、事故防止対策に効果があります。

リアルタイム労務管理で革新へ。

交通事故の防止
  • 速度超過時に車両端末がブザーで警告
  • 急発進・急ブレーキ時に車両端末がブザーで警告
  • デジタコ的帳票でリアルタイム速度管理
  • 運行データを400日分保存
経費削減
  • 速度・急発進・急ブレーキ管理による燃費・消耗品の耐久期間の向上
  • アイドリング時間集計データによる管理
  • 各車両の状況が事務所で把握できるため、電話連絡の必要がなくなり通話料金を削減
サービスの向上(荷主・元請け業者の信頼がUP)
  • 荷主の車両位置確認の問い合わせに即対応
  • 延長を事前に把握し、問い合わせが来る前に荷主へ告知
  • 悪天候時に高速道路情報等を事前にドライバーへ告知し、運行経路を指示

TMS-1のシステムについて

システムの内容

1.各車両の現在地を即時モニタリング
各車両の現在地と運行ルート(走行軌跡)を表示します。
2.各車両の運行状態、業務状態を即時モニタリング
各車両の走行速度・急加速・急減速・アイドリング・労働時間等を表示します。
3.各車両毎に危険走行警告ブザーを鳴らします
ユーザー任意の社内規定速度・加速値・減速値を超過した際に車両端末がブザーで警告。
4.各車両の運行(走行)状態を総合評価ランク表示
一般道・高速道・急加速・急減速・アイドリングを対象に、【3】で設定した数値の達成率を集計し、総合ランク表示が可能です。
これにより外勤者の運転状況をABCの10段階に評価可能で、安全運転及び、高騰している燃料費の大幅削減に貢献します。
5.外勤業務日報の自動作成
訪問先・訪問時間・住所(市町村)等を記載した日報を自動作成。その他、全日本トラック協会指定のフォーマット日報を自動作成。
6.外勤業務の運行(走行)データを400日間自動保存
過去の記録をいつでも参照できます。

システムの概要

車両端末はGPS衛星から現在地を測位します。
また、1秒ごとに受信した測位データから現在の走行速度を計測し、速度超過時にブザーで警告します。
走行速度・加速値・減速値・アイドリング時間・現在の状況(一般道路走行・作業中等)のデータを、指定した時間ごとに事務所のパソコンへ自動送信します。
本システムはDoCoMoのパケット通信FOMAでデータ通信を行っていますので、FOMAサービス提供エリア(通信圏内)のみでの通信となります。
通信圏外でのデータは一時的に車両端末に保存し、通信圏内に入り次第データをまとめて送信します。
車両から受信したデータをパソコン画面でモニターします。ただリアルタイムで現在地が把握できるだけでなく、受信したデータから走行軌跡・管理目的別帳票作成・その他管理に役立つ機能を備えています。

4つの特長

  1. 従来の位置情報のみのGPSシステムと異なり走行速度・急加速・急減速・アイドリング等、各車両の様々な運行(走行)状態を事務所パソコンでリアルタイムにモニタリング
  2. 従来のデジタコ・チャート紙・業務日報と異なり、各車両が帰社しなくても事務所に居ながら各車両の現在地・走行軌跡・走行速度・加速値・減速値・アイドリング状態・労務時間、労務内容等も事務所パソコンでリアルタイムにモニタリング
  3. 各車両の走行状態を総合評価ランク表示できます。一般道・高速道・急加速・急減速・アイドリング状態の5つの項目から車両端末に設定した規定値の達成率を割り出し、最大10段階
  4. お客様でサーバーを管理する必要がありませんので低コストで容易にシステム導入が可能です。

燃費削減効果の具体例

  • 速度管理で約5~8%削減。任意の走行速度・加速値・減速値を超過した際に車両端末から警告ブザーが鳴り、ドライバーにエコドライブ(省エネ運転)を促します。
  • リアルタイム管理、帳票管理で約5~10%削減。 事務所パソコンでリアルタイムに速度超過・アイドリングチェックが出来ます。また、速度超過チェック表、急加速・急減速チェック表、アイドリングチェック表で複数車両の設定速度超過割合やアイドリング率を一定期間項目別に一括表示可能です。
  • 合わせて平均10~15%削減が可能!※事務所での管理、チェック次第で更に燃費削減が図れます。

TMS-1の主な機能

パソコンソフト(TMS)

  • リアルタイム車両管理(位置・状態)
  • 移動経路表示(軌跡)
  • 数種の管理帳票出力
  • 車両へブザー連絡
  • ランドマーク(取引先等)の地点登録
  • ランドマーク到着自動判定
  • 住所検索
  • ルート検索
  • 車両情報の設定を遠隔で更新
  • 特定のステータス移行時にPC画面にポップアップ表示

車両端末(DTMS-2010)

  • 設定スピード超過時にブザー音で警告
  • 設定加速値・減速値超過時にブザー音で警告
  • 事務所へブザー連絡

※電源は常時の為、現在の状況に見合った8つのボタンを押すだけの操作です。

各種帳票

<運転状況グラフ> <全国共通トラック協会日報> <アイドリングチェック表>
運転状況グラフ 全国共通トラック協会日報 アイドリングチェック表
<加速・減速チェック表> <速度超過チェック表> <業務日報>
加速・減速チェック表 速度超過チェック表 業務日報

画像一覧

TMS-1地図画面

<通常画面> <軌跡表示画面>

TMS-1帳票例

<運転状況グラフ> <業務日報>

ドライバーの運転評価機能

<リアルタイム評価機能> <総合評価機能>

株式会社データトロン 会社紹介

商号
株式会社データトロン
http://www.datatron.co.jp/
住所
埼玉県さいたま市大宮区吉敷町1-23-1
TEL:048-658-8085/FAX:048-658-8086
代表取締役
小山 俊明
設立年月日
1999年6月14日
資本金
9607万5000円
事業内容
情報処理システム開発
コンピュータ装置、並びに電子制御機器及びその部品の製造販売及び賃貸借及び修理 / コンピュータネットワークシステム及びプログラム開発、提供並びに情報処理提供業務 /工作機械、測定機器、型具、治具、工具類の製造、据付、売買、賃貸借管理

株式会社パインテック 会社紹介

商号
株式会社パインテック
http://pinetec.biz/
住所
新潟県長岡市来迎寺甲2585番1
TEL:0258-86-7073/FAX:0258-84-3365
代表取締役
吉井 敏
設立年月日
2008年7月22日
資本金
1,000万円
事業内容
情報処理システムのハードウェア、ソフトウェアの開発 /通信機器やコンピュータ周辺機器の設計、開発 /通信装置やコンピュータを応用した情報処理システムの設計 /コンピュータによる情報処理サービスの提供