業界初! これ一台で運転適性検査もKYTも実現しかも可搬型で簡単設置! ポータブル&コンパクト シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器 ACM300 series

株式会社日立ケーイーシステムズ(本社:千葉県習志野市、取締役社長:千葉 宏)はこのたび、シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器「ACM300」を発売した。

ACM300はコストパフォーマンス・操作性に優れているほか、すべての機能に必要な機器類(プリンタ含む)を専用ケースひとつに収納できる小型・軽量のコンパクト設計であり、設置・持ち運びに大変便利なポータブル&コンパクトタイプのドライビングシミュレータだ。

機能としては、運転適性検査(警察庁認証準拠)だけでなく、危険予知トレーニングとしても活用できるのが特徴だ。運転に影響を及ぼす加齢に伴う身体機能、判断能力の低下を実際の運転行動を通して計測数値化する運転適性検査機能と市街地等を運転操作に近い感覚で運転し、隠れた危険、注意場面で認知、判断、操作を繰り返し体験評価できる危険予知トレーニングとして利用可能なシミュレータ機能が搭載されている。

これまで、本格的なドライビングシミュレータと言えばワゴン車に搭載するモデルもあるが、いわゆる据置型がほとんどで、ドライバーが受講するにも移動を強いられるものが多かったように思える。このACM300ならば本当に場所をとらない。持ち運びも容易だ。適性検査のみならず危険予知トレーニングとして、事業者単位で日々活用してみてはいかがだろうか。

特徴
様々なテーブルに設置可能なポータブルタイプ

設置例
事務机にハンドルを固定

これまでのドライビングシミュレーターは、据置型がほとんどで設置する場所に難があったが、このACM300はポータブルタイプなので事務所の机に設置することが可能だ。
帰庫後のドライバーが簡単に運転適性検査することが可能になる。

設置例
事務所のカウンターに設置

ACM300の設置は、本当に場所をとらない。「ノートパソコン」「ハンドル」「プリンター」「フットペダル」だけだ。 このうち「フットペダル」は足元に置くだけなので、実質「ノートパソコン」「プリンター」を置く場所さえあればいい。
例えば左図のように点呼する事務所のカウンターなどでも設置可能なのだ。

特徴
コンパクトに収納でき宅配便で輸送可能

必要な機器が1個にまとまり、輸送・保管が容易。
収納ボックスは宅配便で輸送可能。

このドライビングシミュレーターは、専用の収納ボックスが付属されており、必要な機器が1個にまとまり、輸送・保管が容易となる。
複数の営業所を持つ運送事業者なら、わざわざドライバーを移動させることなく、このボックス営業所間を宅配便などで輸送してしまえばいい。
昨今、ドライバーの労働時間短縮が求められる中、ドライバー自身が動く時間を削減できるのは大きい。

特徴
中・大型車用の教材もラインナップ

教材は5種類

適性検査
4項目
15~25分
中・大型車
市街地(昼)
15場面
4~18分
飲酒体験
2種
5~13分
普通車
市街地(昼)
15場面
6~20分
普通車
市街地(夜)
15場面
6~20分

診断表には老若男女 約2000人のデータとの比較も印刷

  • 運転適性検査では同年代の比較評価と標準比較(30~59歳の平均)等のデータが印刷される。
  • 運転シミュレータ(普通車)では走行危険ポイントに対する評価及び事故ポイントが印刷される。
  • 飲酒体験ではシミュレーションの実施結果と、その内容に基づいたアドバイスが印刷される。
  • 用紙はA4コピー用紙が利用可能。
検査結果の印刷物はGマークの認定要件の一部として利用可能

ご購入について

  1. 全国の販売店で購入が可能。まずは下記より「カタログ請求」「見積もり依頼」をしてください。
  2. 「パソコン」「プリンター」「ハンドル」「フットペダル」「収納ボックス」のセットとなります。単体での販売はいたしておりません。

こんな企業・団体におススメ

  1. 各県トラック協会・協同組合などの団体【県トラック協会での導入実績あり】
  2. 複数の営業所をもつ運送事業者。もしくは通常業務として危険予知トレーニングを組み込みたい運送事業者
    【すでに50社近い運送事業者が導入実績あり】

株式会社日立ケーイーシステムズ 会社概要

社名
株式会社日立ケーイーシステムズ
所在地
  1. 本社) 〒 275-0001 千葉県習志野市東習志野7-1-1
  2. 東京オフィス) 〒136-0071 東京都江東区亀戸2丁目22番17号 日本生命亀戸ビル
ホームページ
http://www.hke.jp