通信とクラウドでさらに進化したG500シリーズ

業界初(*1)ヒヤリハット画像自動抽出機能搭載

株式会社デンソーテン

(株)デンソーテン(本社:兵庫県神戸市 代表取締役社長:岩田 悟志)が販売している業務用ドライブレコーダー「OBVIOUS(アヴィアス)レコーダー」の最新モデルG500シリーズは、通信ユニットを接続し、通信やクラウドに対応することで、安全・安心や業務支援をさらに強化した。
G500シリーズは、走行中に撮影した膨大な記録画像の中から事故につながる危険度の高いヒヤリハット画像を自動抽出(業界初)*1し、これまで管理者が目視で検出していた手間を省く。 また、業界最大クラスのイメージセンサーを搭載した高解像度のカメラを採用し、自車両と車線までの距離計測による「ふらつき(車線逸脱)検知機能」と、前方車両との車間距離を計測する「車間距離検知機能」を新たに搭載した。これらの計測値は時系列に保存され運転診断データとして活用できるという。時間帯別のふらつき度合いの傾向や速度別の車間距離の傾向など、ドライバー毎の運転特性を分析して、安全運転指導・教育に生かせることができる。ふらつき検知では危険と判断した場合に音声ガイダンスで警告する機能も搭載している。

※富士通テン株式会社は、2017年11月1日付けで株式会社デンソーテンに社名変更しました。
※1: 2015年9月時点

車載機器 基本機能

  • W記録(イベント/常時)
  • 多重トリガ対応
  • 最長約150時間記録
  • 位置記録(GPS標準搭載)
  • ※最大5カメラ接続
  • 赤外線カメラ接続
  • 電源オフタイマー
  • バックアップ電源
  • 音声ガイダンス
  • 音声録音
  • 取付20方向対応
  • 道路種別切替スイッチ
  • LED・ブザー状況通知
  • 汎用入力記憶4系統
  • ※オプション品が別途必要です

①「安全運転支援を強化」

ふらつき(車線逸脱)/車間距離検知機能

ふらつき(車線逸脱)や車間距離を検知し、ドライバーごとの運転特性を分析。安全運転指導に活用します。

自動でヒヤリハット画像を抽出し、確認の手間を削減

車両走行データ及び画像データを自動で分析し、イベント記録画像の中からヒヤリハット画像を自動で抽出します。ヒヤリハットの要因を強調表示させ、詳細画面で状況を確認できます。

②「運行管理データを活用」

音声ガイダンスで危険なエリアを意識

事故が多い交差点などの危険エリア侵入時に音声ガイダンスで警告します。

③「高画質」

イメージセンサーの大型化によって、より鮮明な画像を実現

HDR合成技術の採用により、黒つぶれ・白とびを防ぎ、視認性が向上

アプリケーションソフト概要

■ 基本ソフト
ドライブレコーダー管理ソフト ● イベント・常時記録の映像の再生・管理
● AVIファイルへの転換
■ 追加ソフト
エコ安全運転支援ソフト ● 運行/違反情報/デジタコデータの様々な分析と安全運転や運行管理の支援
● 運転日報自動作成 ● 拘束時間管理 ● 安全運転診断
● 車両別/乗務員別稼働実績 ● ふらつき(車線逸脱)/車間距離の分析
● ヒヤリハット画像の自動検出
デジタコ利用者ソフト ● 法定3要素の表示と出力
OBVIOUSビューア ● パソコンでの簡易画像再生
現場のニーズに合わせたソフトの組み合わせ

さらに詳しい製品詳細は

デンソーテン OBVIOUSレコーダー G500のホームページ へGO

株式会社デンソーテン 会社紹介

社名
株式会社デンソーテン https://www.denso-ten.com/jp/
本社
〒652-8510 神戸市兵庫区御所通1丁目2番28号
TEL:078-671-5081(代)
設立年月日
1972(昭和47)年10月25日
資本金
53億円
主要製品
インフォテインメント機器(カーオーディオ、ナビゲーション機器、ホームオーディオ機器、移動通信機器)/自動車用電子機器
デンソーテンのドライブレコーダーのページはこちら
機能追加 静止画通信機能の改良 機能追加 動画閲覧機能の改良 機能追加 運行日報の改良 全体管理者向け効果測定自動出力機能の新設 詳細はクリック 詳細はクリック