ニュース詳細

東京モーターショー2011概要決定 12月にビッグサイトにて、商用車も

2010年5月21日(金)

 一般社団法人 日本自動車工業会(会長:志賀俊之)は、第42回東京モーターショーを2011年12月2日(金)から12月11日(日)までの10日間(一般公開は12月3日(土)から)、東京ビッグサイト(江東区・有明)で開催することを決定した。

 東京モーターショーは、1959年の第6回から1987年の第27回までの約30年間、東京・晴海の東京国際見本市会場で開催された。1989年の第28回から2009年の第41回までの20年間は、千葉市の幕張メッセで14回のショーを開催し、その間延べ1700万人の来場者を迎え、国際モーターショーとしての評価を高めてきた。今回、更なる飛躍を目指し、東京ビッグサイトに会場を移し、“新生東京モーターショー”として再スタートする。

 新生「第42回東京モーターショー2011」は、乗用車、商用車、二輪車、車体、部品・機械器具関連製品を含む総合ショーとして開催する。国内外の主要ブランドが参加する国際モーターショーとして、自動車産業の安全・環境など最先端の次世代技術を発信するとともに、最新モデルを実際に見て、触れて、乗ってもらうことにより、多くの人にクルマやバイクの魅力、喜び、楽しさを再発見してもらう考え。

 さらに新しい取り組みとして、カロッツェリア部門の追加を計画するとともに、日本が世界をリードする低炭素社会に向けた都市システムや環境・エネルギー分野の参加、先進のICT(情報通信技術)の紹介など、クルマを取り巻く未来社会の在り方や新しいクルマ生活・クルマ文化に対する提案も検討していく。

 会期は、前回(2009年)の13日間から一般公開日を3日間短縮し、10日間とすることで、国内外の出品者にとってより出品しやすい環境を整えるとともに、会期中に前回ショーと同様、週末を2回組み入れ、多くの方に来場しやすいようにした。なお、出品募集については、本年9月上旬から開始する予定。

【第42回東京モーターショー2011 開催概要】
◆名 称:第42回東京モーターショー2011
◆主 催:一般社団法人 日本自動車工業会
◆開催期間:
 会期・・・・・・・・・2011年12月2日(金)〜12月11日(日) 10日間
 プレスデー・・・・・・・・・11月30日(水)・12月1日(木) 2日間
 特別招待日・・・・・・・・・12月2日(金) 1日間
 一般公開日・・・・・・・・・12月3日(土)〜12月11日(日) 9日間
◆会 場:東京ビッグサイト(東京都江東区有明 3-11-1)

広告
  • 1台で2役!アームロール
  • ユニックキャリア ハイグレードモデル「Neoα+」登場!
  • 新型コンクリートポンプ車発売
  • カーゴクレーン「ZEST」&スライドキャリア
  • 車載用カメラ&モニター・Solid Navi
  • セイフティビジョン連携ドライブレコーダー
  • シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器「ACM300」
  • 免許証の確認できていますか?「ID確認システムDL」
  • 免許証の確認できていますか?「ID確認システムDL」
  • 累計12万台突破富士通デジタコ

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。

広告
  • カード不要&ワンタッチ デジタルタコグラフDGT5:矢崎エナジーシステム
  • 最新ドライブレコーダー:アヴィアス
  • あなたに合ったアルコールチェッカー
  • アイドリングストップクーラーi-cool
  • ビークルアシスト発売
  • 三菱電機製バックアイ&IP無線機
  • BiZiMo(ビジモ)デジタコ・ドラコレ発売

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。