ニュース詳細

前の記事 | 次の記事 >

三菱ふそう、高速道路 後続有人隊列走行実証実験に参加

2018年2月1日(木)


実証実験に参加した新型大型トラック「スーパーグレート」
〜複数のトラック製造者が共同開発したCACCを用い、異なるトラック製造者が製造したトラックによる後続有人隊列走行の実証実験は世界初の試み〜

〜隊列走行により排出ガス削減、ドライバー不足解消を目指す〜

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ)は、1月23日より新東名高速道路の浜松サービスエリアから遠州森町パーキングエリア間にてトラックの後続有人隊列走行実験を開始した。
当実証実験は政府が進める「未来投資戦略2017」の、高速道路でのトラック隊列走行の商業化を目指す取り組みの一環。隊列走行により空気抵抗を減少することでCO2排出量の削減効果があり、またドライバー不足の対策として有効である。同社は他国内トラックメーカーと経済産業省、国土交通省の当プロジェクトに参画し、高速道路での隊列走行の実現を目指す。
同実験は、車車間通信システムを介し、先行車の加減速制御情報を取得することで車間距離を一定に保つCACC(Cooperative Adaptive Cruise Control:協調型車間距離維持支援システム)技術を使用。複数のトラック製造者が共同開発したCACCを用いた、異なるトラック製造者が製造したトラックによる後続有人隊列走行の実証実験は世界初の試みとなる。
1月23日から1月25日には新東名高速道路、1月30日から2月1日には北関東自動車道にて実証実験を行った。

広告
  • 1台で2役!アームロール
  • ユニックキャリア ハイグレードモデル「Neoα+」登場!
  • 新型コンクリートポンプ車発売
  • カーゴクレーン「ZEST」&スライドキャリア
  • 車載用カメラ&モニター・Solid Navi
  • セイフティビジョン連携ドライブレコーダー
  • シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器「ACM300」
  • 免許証の確認できていますか?「ID確認システムDL」
  • 免許証の確認できていますか?「ID確認システムDL」
  • 累計12万台突破富士通デジタコ

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。

広告
  • カード不要&ワンタッチ デジタルタコグラフDGT5:矢崎エナジーシステム
  • 最新ドライブレコーダー:アヴィアス
  • あなたに合ったアルコールチェッカー
  • アイドリングストップクーラーi-cool
  • ビークルアシスト発売
  • 三菱電機製バックアイ&IP無線機
  • BiZiMo(ビジモ)デジタコ・ドラコレ発売

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。