ニュース詳細

前の記事 | 次の記事 >

富士通テン、資本構成および社名の変更

2017年11月1日(水)

富士通テン株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:山中 明)は、2017年11月1日付けで資本構成および社名、役員人事を変更した。
今回の変更は、同社の株主である、株式会社デンソー、富士通株式会社、トヨタ自動車株式会社より、2016年9月9日に発表された、「富士通テン株式会社の資本構成の変更に向けた検討に関する基本合意について」に基づき実施するもの。
なお、新社名(商号):は「株式会社デンソーテン」(英文表記:DENSO TEN Limited) となり、ロゴマークも写真にようになった。

同社は、1920年に創立した川西機械製作所に始まり、1949年に設立した神戸工業株式会社を前身としている。1968年に富士通株式会社と合併した後、1972年に富士通のラジオ部門が分離・独立して富士通テン株式会社として設立した。

以来、カーエレクトロニクスメーカーとして様々な製品、サービスを提供してきた。
近年は、「単体製品のサプライヤー」から「つながる車載情報機器・サービスを提供・提案するシステムサプライヤー」への変革を目指し、新たな価値を創り出すVehicle-ICT事業を強化している。
今後は、デンソーグループの一員として、車載ECU(Electronic Control Unit:電子制御装置)やミリ波レーダー、高度運転支援・自動運転技術および電子基盤技術などの開発をより一層強化していく所存だ。

ちなみに、社名の語源となる「テン」は、川西機械製作所の初代社長であり、後に会長となる川西龍三氏の発案により、1946年に商標として制定された。
「テン」は、最高・至上を意味する「天」のことであり、中国古典の「中庸」に記されている『誠は天の道なり。これを誠にするは人の道なり。』 という一節より引用している。
「商売は誠実に!」「商品は至高無上のものを作ろう!」という想いが込められている。

資本構成(出資比率)の変更内容
変更前:株式会社デンソー:10%・富士通株式会社:55%:トヨタ自動車株式会社35%
変更後:株式会社デンソー:51%・富士通株式会社:14%:トヨタ自動車株式会社35%

広告
  • 1台で2役!アームロール
  • ユニックキャリア ハイグレードモデル「Neoα+」登場!
  • 新型コンクリートポンプ車発売
  • カーゴクレーン「ZEST」&スライドキャリア
  • 車載用カメラ&モニター・Solid Navi
  • セイフティビジョン連携ドライブレコーダー
  • シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器「ACM300」
  • 免許証の確認できていますか?「ID確認システムDL」
  • 免許証の確認できていますか?「ID確認システムDL」

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。

広告
  • カード不要&ワンタッチ デジタルタコグラフDGT5:矢崎エナジーシステム
  • 最新ドライブレコーダー:アヴィアス
  • あなたに合ったアルコールチェッカー
  • アイドリングストップクーラーi-cool
  • ビークルアシスト発売
  • 三菱電機製バックアイ&IP無線機
  • BiZiMo(ビジモ)デジタコ・ドラコレ発売

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。