ニュース詳細

前の記事 | 次の記事 >

日野自動車、「日野デュトロ」を改良して新発売

2017年4月20日(木)

〜PCSを全車標準装備、平成28年排ガス規制適合車もラインアップ〜
 日野自動車株式会社(本社:東京都日野市 社長:市橋保彦)は、小型トラック「日野デュトロ」を改良して、5月8日に発売(6速MT車は6月発売)する。

今回の改良では、衝突被害軽減ブレーキ「PCS」、「車線逸脱警報」を全車に標準装備。既に標準装備されている車両安定制御システム「VSC」や「電動パーキングブレーキ」とあわせて、安全装備が充実。また、車両総重量が7.5トンを超える車型については平成28年排出ガス規制に適合。あわせて本年3月から新設された「準中型自動車免許」に対応するため、車両総重量の上限を7.5トン未満とした車型を新たに設定した。

新しいデュトロの特徴
・歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキ
全車標準装備となったPCSは、フロントバンパー中央に装着したミリ波レーダーに加え、フロントウインドウの上部中央の画像センサーで先行車や歩行者を含む停止障害物に対して衝突回避・衝突被害軽減を支援する。また、画像センサーは車線逸脱警報の車線認識センサーとしても機能する。

・環境に配慮した低燃費
 今回発売される「日野デュトロ」のハイブリッド車は平成27年燃費基準+15%、ディーゼル車のうち6速AT車は同+5%を達成(車両総重量7.5トン以上の車型、および85kWエンジン搭載車は除く)している。また「日野デュトロ」のハイブリッド車およびディーゼル車はすべてASV減税またはエコカー減税の対象となっている。


・東京地区希望小売価格(代表車型) (単位:円)
車名・型式:日野デュトロ ハイブリッド(TSG-XKU710M-TQUMC)
仕様:ワイドキャブ、ロングボデー、全低床
エンジン:N04C-UL 110kW(150PS)
トランスミッション:Pro Shift V(5速 AMT)
最大積載量(トン):2.0
価格(税抜):5,616,540(5,200,500)

車名・型式:日野デュトロ(TPG-XZC605M-TQTMB)
仕様:標準幅キャブ、標準長ボデー、全低床
エンジン:N04C-UN 100kW(136PS)
トランスミッション:6速AT
最大積載量(トン):2.0
価格(税抜):4,452,300(4,122,500)

広告
  • 1台で2役!アームロール
  • ユニックキャリア ハイグレードモデル「Neoα+」登場!
  • 新型コンクリートポンプ車発売
  • カーゴクレーン「ZEST」&スライドキャリア
  • 車載用カメラ&モニター・Solid Navi
  • セイフティビジョン連携ドライブレコーダー
  • 中型冷蔵ウィング専用冷凍機CHILNO(チルノ)

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。

広告
  • カード不要&ワンタッチ デジタルタコグラフDGT5:矢崎エナジーシステム
  • 最新ドライブレコーダー:アヴィアス
  • あなたに合ったアルコールチェッカー
  • アイドリングストップクーラーi-cool
  • ビークルアシスト発売
  • 三菱電機製バックアイ&IP無線機
  • BiZiMo(ビジモ)デジタコ・ドラコレ発売
  • インターネットで車両管理「KITARO」

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。