ニュース詳細

日野自動車/ダカールラリー6連覇達成

2015年1月19日(月)

日野自動車株式会社(以下、日野)は、2015年1月3日から1月17日(現地時間)にアルゼンチン〜チリ〜ボリビアで開催された、ダカールラリー2015のトラック部門「排気量10リッター未満クラス」で優勝し6連覇を成し遂げるとともに、初参戦以来連続24回目(※1)の完走も達成した。

日野は、1991年に日本のトラックメーカーとして同ラリーに初参戦。1997年には3台出場し、史上初の同部門総合1・2・3位を独占した。その後も、1996年に創設された排気量10リッター未満クラスで2014年までに15回中(※2)14回の優勝を果たしている。

今大会で日野は前回に引き続き、同ラリー史上最多の33回連続出場となる菅原義正氏と、次男の菅原照仁氏の親子ドライバーが率いるチームスガワラとともに、「日野チームスガワラ」として2台の「日野レンジャー」で参戦。年を追うごとにハイスピード化するレースに対応するため、菅原義正氏がドライバーを務める1号車のナビゲーターを1人増やすことで、乗員の負担を分散し戦闘力の向上を狙ったという。また、メカニックも1人増やし、全国の日野販売会社から公募で選ばれた精鋭4人を派遣した。

その結果、排気量が倍近くもある車両がひしめくトラック部門全64台のうち、菅原照仁氏が途中跳ね石が原因と見られるラジエーターのトラブルに見舞われたものの、その後は連日トラック部門の総合上位勢に分け入る速さを見せ、排気量10リッター未満クラスで優勝し見事6連覇を達成、総合では16位となった。また、菅原義正氏は排気量10リッター未満クラス2位、総合32位でゴールし、昨年に続いて親子で同クラスのワン・ツー・フィニッシュを飾った。

また、トヨタ車体株式会社のラリーチームであるTeam Land Cruiser TOYOTA AUTO BODYは、ランドクルーザー200をベースに改良したダカールラリー仕様車2台で参戦し、ガソリン車・ディーゼル車を含めた市販車部門において、すべてのステージで首位を独占。その結果、市販車部門では2年連続となる優勝、準優勝となった。

※1 政情不安で中止となった2008年大会をはさんで、1991年以来連続24回目の完走となる。
※2 2003年、2004年、2006年は「排気量10リッター未満クラス」が設定されていない。

広告
  • 1台で2役!アームロール
  • ユニックキャリア ハイグレードモデル「Neoα+」登場!
  • 新型コンクリートポンプ車発売
  • カーゴクレーン「ZEST」&スライドキャリア
  • 車載用カメラ&モニター・Solid Navi
  • セイフティビジョン連携ドライブレコーダー
  • シミュレータ機能搭載可搬型運転操作検査器「ACM300」
  • 免許証の確認できていますか?「ID確認システムDL」
  • 免許証の確認できていますか?「ID確認システムDL」
  • 累計12万台突破富士通デジタコ

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。

広告
  • カード不要&ワンタッチ デジタルタコグラフDGT5:矢崎エナジーシステム
  • 最新ドライブレコーダー:アヴィアス
  • あなたに合ったアルコールチェッカー
  • アイドリングストップクーラーi-cool
  • ビークルアシスト発売
  • 三菱電機製バックアイ&IP無線機
  • BiZiMo(ビジモ)デジタコ・ドラコレ発売

※上記項目をクリックすると各詳細ページへ移動します。